大桑村立大桑中学校

ホーム 学校案内 学校だより 校長室 給食室活動紹介

校長室学校長日記

学校長挨拶



大桑中学校ホームページにようこそ!

ヒノキを奏でる里 大桑村は、東に中央アルプスがそびえ、西に木曽川が流れる自然豊かな地です。木曽川の支流阿寺川によってつくられた阿寺渓谷は、その深い美しさが「阿寺ブルー」と呼ばれ、有名な景勝地となっています。そんな大桑村にある唯一の中学校が、大桑村立大桑中学校です。

今年度、創立70周年を迎える歴史と伝統のある学校で、現在の校舎は平成4年に建て替えられたものです。  本年度は、1年生27名、2年生39名、3年生27名の計93名でスタートしました。先輩たちのよき伝統を受け継ぎ、非常に素直で礼儀正しく気持ちのよい生徒たちが、保護者や地域の皆様のご支援をいただきながら、学習やスポーツ、文化活動に元気に取り組んでいます。

大桑中学校の学校教育目標は「三智を磨き、自己の生き方を切り拓く」です。この言葉は、木曽の文豪、島崎藤村の「人の世に三智がある。学んで得る智、人と交わって得る智、みづからの体験によって得る智がそれである。」という言葉からいただいたものです。  この三智を磨くことで、「知・徳・体」の調和がとれ、生涯学び続ける基礎力とふるさと大桑への愛を持った生徒を育ていきたいと考えています。

平成29年4月

大桑村立大桑中学校長 松下 設吉